井戸

noteから移行しました。

らしくもなくたっていいでしょう

0812(金)

出社。全然人がいない!40人いるうちの部署は7人、下のフロアの企画部も信じられないくらい閑散としていた。(CEOは出社していて、普段殆ど会話しないのに「よう!」と声をかけられたのにびっくりしてしまった)お盆だから休むのが普通なんだろう。そんな中、打ち合わせを3件こなす。僕も休みたかったけど、どうしても今日色校正しておかないと来週困ってしまう案件があったし、人がいないのはそれはそれで黙々と作業できて良い。ただ、出社している人が少ないと、喫煙所に行くたびに警備員さんに挨拶されるのが少し気まずかった。

19時頃まで作業していると、オフィスには僕と、2個下の後輩男子の2人だけになっていた。「遊びに行っか!」と退勤する。台風が来ているらしかったが、外はまだ小雨だったので2人して折りたたみ傘を差した。

以前から気になっていたタイ料理屋に入る。後輩は「パッタイ絶対食べたい!」と言っていたのでパッタイとトムヤム炒飯と、豚肉のレモン炒めを頼んだ。注文を取りに来た店員が外国人だったので、「‥カオパットトムヤムください」とメニュー通りに注文したら「トムヤム炒飯ですね」と説明文の方で確認されて、後輩にゲラゲラ笑われた。後輩はこの1年くらいで乃木坂の4期にハマったらしく、乃木坂トークで盛り上がる。僕はRIVERの頃からAKBを追っていたので乃木坂もほとんど分かるのだが、4期の後から入った子たちのことはあまり把握しておらず、新鮮だった。1時間半くらい喋ってから「カラオケに行こう」となった。

今年で7年目なのに、同じ部署の人とカラオケに行くのは初めてだった。同期(の中でもごく少ない数人)とは行ったことあるし、企画部のメンバーとも行ったことある(その時は歌わなかったけど)が、デザイナー同士で行くのはどこか気恥ずかしくて無かった。最寄りにあるカラオケの鉄人はめちゃくちゃ音が悪くて、曲が流れると同時に顔を見合わせて笑ってしまった。これまで散々乃木坂トークをしたのでもう好きに歌っていいや、と僕も後輩もキーを3つか4つ下げて乃木坂を好き放題に歌う。彼はクセが無く、音程もしっかり取れていて聴きやすい歌い方をしていた。体を揺らしてノッていて普段あまり見ない一面だった。学生時代はよくカラオケオールしていたらしい。僕がceroの「summer soul」を入れると「この曲をカラオケで歌う人初めて見ました!」と笑いながらヘイヘイ一緒に歌ってくれた。

彼が去年くらいからハマっているTOMOOというシンガーソングライターの曲をすごく楽しそうに歌っていた。YouTubeのサムネで、顔が好みすぎてハマってしまい、ライブにも行っているらしい。(メジャーデビューしたばかりだそう)歌うのに気持ち良さそうな曲調だなと思ったので僕もapple musicに入れて、帰ってからずっと聞いている。

https://youtu.be/I5MOCSIme0U

2時間で入ったのだが、あっという間に終わった。乃木坂トークから入ったこともあるし、2人だけなこともあって気兼ねなく好きに楽しんで歌うことができた。行ったことのない人とカラオケに行くと、知らなかった曲を沢山知ることが出来て良い。後輩もめっちゃ良かったです〜とか、あの曲聞きます!とか言ってくれたので、思い切って行ってみてよかった。アンジュルムの「46億年LOVE」が気に入ったらしく、ハロプロへの扉も開いたな‥と思った。23時半頃に解散し、家に着いたのは0時半前だった。

恋人はベッドでYouTubeを見ていた。横に入り込む。僕が「後輩とカラオケ行ってきた」と言うとシャ乱Qのシングルベッドを熱唱し出す。シングルベッドに2人で寝ているこのタイミングでこれが即出てくるのがコイツである。「枕もうちょっと分けて?」と頼むと、はい、とティッシュの箱を渡された。相変わらずキレの良さ。僕の帰宅が遅かったからか、そこから彼は怒涛のように喋った。行ってみたいと思う飲食店について、明日何をしたいか、お母さんから仕送りのご飯が届いたこと、会社の人との会話について、など。僕の相槌が追いついていなかったのか「俺との会話についてこれてないね笑」と言われたので、「俺が君くらい喋ったらイライラするだろ?」と返すと「うん、俺喋る人嫌いだもん」とケラケラ笑っていた。彼はせっかちでペースが早く、僕はマイペースでゆっくりしている。それがちょうどいいんだろうなと思った。そのまま気付いたら一緒に寝てしまった。