井戸

noteから移行しました。

ベビーカーの記憶

0604(土)

11時に渋谷、火曜に設営した店舗を見に行った。客入り好調のようで嬉しい。待ち合わせていた友人Aと合流したところで、家族を連れてやってきた担当者にも遭遇した。初めて見た担当者の奥さん、スラっとしていてとてもきれ〜な人だった。娘たちも可愛かった。担当者は結構童顔だから、この2人からこの顔の娘が出来るのは納得できる。下の子はベビーカーでスヤスヤ眠っていた。よく晴れた6月の頭、日傘が付いたベビーカーで寝ながら移動できるなんてめちゃくちゃ気持ち良いだろうな。日傘のついたベッドでうとうとしながら風を感じるのを想像してみたら、その子がとても羨ましくなった。自分もベビーカーに乗せてもらっていた時があったのかな‥と少し考えたが幼少期の記憶が皆無なので何も思い当たらなかった。

担当者と別れ、Aと2人でカラオケレインボーに行く。アイドル曲から懐かしい曲まで、沢山歌って楽しかった。最近過去ハマっていた曲を振り返っていたのもあって、base ball bearユーミンなども歌う。大滝詠一も歌ってみようとしたけれど、よく聞いていたはずなのにかなりうろ覚えでうまく歌えなかった。Aがaespaを歌おうとしたら、カラオケの映像がなぜか茶畑の映像で2人して笑ってしまったりもした。音楽が好きな人とカラオケに行くと発見や、共有できるネタが多くて嬉しい。 Aが相対性理論ルネサンスの「静かさが良い」と言っていてめちゃくちゃ分かるな〜と思った。彼女はこういう感覚の言語化がいつも上手だ。注文してくれたトルティーヤチップスが思いの外美味しくてかつ量も多く、昼食はそれで済ませることにする。3時間歌い、15時頃に解散。Aはこの後友達と約束があるそうで、僕の恋人も学校が15時までだったのでちょうどいいタイミングだった。Aが歌っていた川本真琴、「井戸くんもきっと好きだと思う」と言われたので、歩きながら聞いてみたら確かに好きな感じ。他の曲も聞いてみようと思った。

恋人と合流し、彼が欲しいと言っていたPCを買いにビックカメラに向かう。彼は事前調べをしっかりするタイプのため、買うものはもう決まっていた。最初に行った店舗でオドオドしたおじさん店員に「うちには在庫が無くて‥ハチ公前店には在庫があるので40分ほどお待ち頂ければ取ってきます」と言われる。そしたら僕らがハチ公前店に行きます、と言って店を出た。歩いて10分とかからず行けるのに何故ここで40分待たねばならぬのか。この店舗の売り上げにしたいんだろうけど、だったらもう少し上手く言わないとダメだろ‥と思った。ハチ公前店では、めちゃくちゃ早口で小声の男性店員がテキパキと確認事項をチェックしてくれた。見るからにオタクなのだろうな‥という感じがしたが、逆にPCに精通してる感じがして信頼できるし、さっきのオドオドおじさんよりだいぶ好感が持てた。電気屋にいるべくしている人だと思う。2人で、良い店員に巡り合ったねと話しながら最寄駅に帰った。

17時頃、最寄駅の中華料理屋で早めの夕食。奥の席で老人8人くらいがわいわいと飲み会をしていた。中国人の店員が「ちょっとボリューム!」と老人達の声量を注意する。それでも賑やかさは全然変わらなかったが、しばらくして会計をし出て行った。ひとり1000円ずつ払っていて、あんなに出来上がった感じだったのに1000円分しか飲み食いしてないんだ‥と驚いた。恋人は「歳取ると耳が遠くなって声でかくなるし、少しの酒で酔っ払うし、そのくせ長く居座るしいい事ないね」と吐き捨てていた。僕らが頼んだ炒飯と胡麻冷麺はとても美味しかったけど、2人合わせて3000円だった。

夜、Netflixらんま1/2を見た。めぞん一刻は好きなのに何故からんまは見たような見なかったような‥でスルーしてきてしまっていた。アングルや背景の描き方がいちいちかっこよくていいなと思う。原作でもこういう描き方がされるのか、アニメの監督のセンスが良いのかどっちなんだろう。4話くらい見て、10時くらいに隣駅まで歩いて銭湯へ。夜の散歩は涼しくて気持ちいい。久しぶりに湯船につかり、サウナにも入ると肌がツルツルになった。大学生くらいの2人組が他にも3組ほどいたが、混雑はしていなくてゆっくりと入ることができた。家に帰ると2人ともすぐ寝てしまった。